June Yamagishi and Papa Grows Funk

I remember exactly where I was when I first heard about Papa Grows Funk.

I was having a drink with a high school classmate at Train Bar in Roppongi in August 2002, my first visit to Japan, and he was telling me that our sixth grade science teacher, Mr. Allspach, had been a manager at the Maple Leaf Bar in our hometown New Orleans.

As much as I hate adding to the narrative of New Orleans exceptionalism, perhaps this is unique and characteristic of the city: New Orleans is the kind of place where your middle school science teacher, known for daily quizzes, dapper suits from the ‘70s, and for being very tall and strict, can also be a regular at a neighborhood dive bar that hosts some of the best bands in the city.

My friend said that Mr. Allspach recommended Papa Grows Funk and that they had a Japanese guitarist. I went to see them for the first time later that summer after I returned from Japan. It was a random Monday night in that dead space in the calendar when college students hadn’t returned to the city, but the bar was full.

Papa Grows Funk at the Maple Leaf for their third-to-last show in April 2013. Walter “Wolfman” Washington on stage with them in this photo.

I quickly became obsessed with the band and New Orleans funk, which all originates from the 1969 The Meters self-titled album (YouTube)(and probably some R&B that came before that). I even had a chance to see the band in Tokyo at Club Quattro in Shibuya when I was studying abroad in 2004.

So it was a thrill to profile the guitarist June Yamagishi for the Japan Times: “June Yamagishi: Hitting New Orleans with a suitcase and a guitar.”

I spoke with him when I was back home in February. He’s super friendly and open and fits right in in New Orleans, where he’s lived since 1995. He’s managed the city that whole time without a driver’s license, which feels like a miracle, but it seems like he’s been based out of the Lower Garden District neighborhood since he got to New Orleans. We were sitting outside Mojo Coffee on Magazine Street, and he could point to the house where he first lived and the house where he recorded a solo album before he moved to the city.

He’s basically a guitar legend in Japan as well. There’s an extended conversation between June and the guitarist Char on YouTube. This is the first part of that program:

I need to give it a watch.

And to give you a taste of June’s music, I recommend the song “Yakiniku”:

And here’s a clip of June from an upcoming documentary about Papa Grows Funk. He’s talking about how the band started gigging at Old Point Bar in Gretna:

Jammin’ for Japan

I’ve been working madly the past month on two fundraising efforts here in New Orleans. I mentioned Drink for Japan in a previous post. We raised about $4000 in three hours! The next event is even bigger.

While planning Drink for Japan, I contacted John Gros of Papa Grows Funk, a local funk band featuring Japanese guitarist June Yamagishi, to see if they would donate to the event. John not only wanted to donate CDs and T-shirts, he wanted to organize a benefit concert with several A-list New Orleans bands. He has contacts in the Japanese community, and marketing guru/PR person/writer Carrie Williamson had gotten in touch with him about doing something. We all sat down with some members of the Japan Club and Jetaa NOLA, and the NOLA Japan Quake Fund made a lot of sense as the target of the concert proceeds: it’s being administered by the Greater New Orleans Foundation, the city has endorsed it, and all the Japan-affiliated organizations in town are involved. Donations alone have raised over $100,000, and that doesn’t include these two events.

The result has been amazing. John quickly lined up the musicians. His friend Yumi Mano helped gather donations and get restaurants involved. Michelle Hansen of the Japan Club has spearheaded the silent auction. Carrie really pushed the corporate aspect, which has resulted in some very impressive donations from big companies. I’ve been working the social media aspect and helping out with logistics, and Jetaa NOLA members have helped volunteer and solicit donations. The result is Jammin’ for Japan which will be this Sunday (tomorrow!), April 10 from 7:30-11:00pm at Rock ‘N Bowl:

The great thing is that local radio station WWOZ will be broadcasting the concert LIVE. They stream on the Internet, which means that anyone with an Internet connection can listen. When I did the calculation for the time in Japan, I realized that this concert will take place almost exactly a month after the earthquake and tsunami: it will run from Monday, April 11 09:30-13:00 Japan Standard Time.

I hope that you all tune in. Below I’ve pasted the Japanese press release along with an explanation of how to listen live. Please forward this widely to Japanese friends! Let them know that New Orleans is thinking about them.

ニューオリンズのジャズと伝統文化を伝えるラジオステーションの WWOZ 90.7 FM が、4 月 10 日(日)に市内のライブハウス Rock ‘N’ Bowl で開催されるコンサート NOLA Japan Quake Fund」をライブ中継

ジャズやブルース、ファンクなど、さまざまなジャンルで今のニューオリンズを代表するミュージ シャン、カーミット・ラフィンズ、パパグロウズファンク、ジェレミー・デイブンポート、ボネラマ、そして ジョージ・ポーターJr&ランニングパードナーズがサポート

2011 年 3 月 31 日(木)於ニューオリンズ ––– ニューオリンズのジャズと伝統文化を伝えるラジ オステーションの WWOZ 90.7 FM が、来る 4 月 10 日(日)に市内のライブハウス Rock ‘N’ Bowl で午後 7 時半から 11 時まで開催されるコンサート NOLA Japan Quake Fund」をライ ブ中継されます。ジャズやブルース、ファンクなど、さまざまなジャンルで今のニューオリンズを代 表するミュージシャンたち、カーミット・ラフィンズ、パパグロウズファンク、ジェレミー・デイブンポート、 ボネラマ、サンパイ・バーンズ、そしてジョージ・ポーターJr&ランニングパードナーズがサポートに かけつけてくれます。このうち、4 つのバンドには、それぞれ日本人ミュージシャンがメンバーとして 参加しており、当日はスペシャルゲストのサンパイ・バーンズも加わって、できるだけ多くの人に このイベントへ来てもらって、少しでも多くのお金を募金してもらい、3 月 11 日に発生した大規 模地震と津波、そしてそれに続いて起きた原発事故による放射能問題の被害に苦しんでいる 日本のみなさんのお役に立てたいと演奏や募金の呼び掛けを行ってくれます。当日は、日本の 文化にも触れてもらおうという目的で、地元のニューオリンズジャズ太鼓ドラマーズも演奏してく れる他、日本食レストランの NINJA が人気の高いメニューからいくつかのアイテムを販売します。

WWOZ ラジオはオンラインでも聴けるため、地元ニューオリンズだけでなく、全米、および世界中 で愛聴されています。そこでライブ中継するということは、世界中の人たち、そしてもちろん日 本の人たちがこのイベントをライブで聴いてくれるということです。イベントを主催する私たちは、こ れによって少しでも多くの方が NOLA 日本地震基金(NOLA Japan Quake Fund)を通して、 日本で被害に遭われた方々に支援の手が届けばいいと願っています。

パパグロウズファンクのリーダーであり、ハモンド B3 オルガン奏者兼ボーカル担当のジョン・グロス 氏がこの Jammin’ for Japan イベントの発起人です。彼は、次のように語っています。

「今まで、日本へ何度もツアーで訪れて、多くの日本人の友人ができましたが、みな温かい人 柄の素晴らしい人たちばかりです。ニューオリンズとその音楽を心から愛してくださっていて、いつ も応援してくださっています。特にうちのバンドのギタリストである山岸潤史氏を通して、一生を 通じて友人と呼べるような出会いもいくつかありましたが、私たちがカトリーナの被害で苦しんで いるときに暖かい支援の手を差し伸べてくれました。」
「最後に日本に行ったとき、宮城県の仙台と石巻へ行く機会がありました。演奏するお店の オーナーの方は、僕たちが到着したときに赤いカーペットを敷いて出迎えてくれて、一生忘れられないような素晴らしい思い出を作ってくださいました。今回の震災で、その町の方たちが本 当にひどい被害を受け、何もかも失くしてしまわれました。その方たちの気持ちを思うと、いても たってもいられず、また明るい笑顔を取り戻してもらえる手助けを何とかしたい、そう思ったの です。彼らの必要なお金や支援に比べれば、僕たちがここで渡せるものは微々たるものでしょう。 でも、僕たちがカトリーナの経験を通して学んだのは、とにかく第一歩を踏み出すこと。どんなに 困難に思えることでもまずはじめてみることです。その第一歩の手助けをしたいと思っているの です。」

今回の Jammin’ for Japan イベントでは、入場料の代わりに一人最低 10 ドルを寄付しても らいます。これはすべてそのまま NOLA 日本地震基金(NOLA Japan Quake Fund)へ寄付さ れます。さらに、ローカルセレブとのボーリングトーナメント参加費、T-シャツや食べ物の売上金、 サイレントオークション、50/50 ラッフルなどの催しを行い、現場にコンピューターもセットしてクレ ジットカードを使った追加寄付もできるようにする予定です。

NOLA 日本地震基金(NOLA Japan Quake Fund)について

NOLA 日本地震基金(NOLA Japan Quake Fund)は、ニューオリンズで活動しているジャ パンクラブ、ジャパンソサエティ、JetaaNOLA、および日本庭園基金が、ニューオリンズ日本名 誉総領事を相談役に迎えて合同で設立しました。大ニューオリンズ基金(Greater New Orleans Foundation:GNOF)は、連邦政府の認めた 501 条(c)項(3)号団体で、この NOLA 日本地震基金(NOLA Japan Quake Fund)の管理役を務めています。この基金への寄付 金は、被害に遭われた地域のみなさんの復興と再建を支援する日本の NGO’非政府団 体(を慎重に選んで直接そこへ寄付されます。ニューオリンズ市民はカトリーナで経験したように、 どんなひどい災害も時間と共にメディアには乗らなくなり、実際には復興には程遠い状態でし かなくても、義援金を募ることはどんどん難しくなってきます。この基金の一般費用は最低限に 抑え、寄付総額の 98%を直接日本の NGO へ寄付します。この基金はニューオリンズ市長 ミッチ・ランドリュー氏によって是認されています。



左上にある「LISTEN NOW」をクリックしてください。